ルーブル


’84年の年が明け、いよいよ念願のパリへ行くんだ!わあ~い!!と、
言いたいところでしたが本当のところは、知人のM子のパリ行きを見送る立場でした。

ーが、直前になって私も行く!となり仕事をやめて2ヶ月の旅へ出発したのでした。
予定では、パリとのその後、ロンドンに。
実際は、ホテルで知り合った人と急にスペインに行くことになったりして、
いろいろと想定外の旅になりました。

さて、パリに着いたのは夜でした。
ホテルは、オペラ座の近くに2泊だけ。
あとは、長期滞在できる格安ホテルを探して移動しなければならないのに、
M子は「日本大使館へ行こう!」と言い出した。
事件に合った訳でもないし「何故に?」2か月間の旅行者なのに、
「あいさつ」って必要なの?

去年、ツアーで初海外に出ただけの私には何がなんだか。
M子の方は、今回が初海外でいきなりフランス語の世界。
何がなんだか。

だいじょうぶかなあ~私たち。
勢いだけで来たけれど…。